WE LOVE 矢作川


新見 克也


  • 矢作川の夜釣り師
  • 矢作新報編集長 

地元豊田市出身、大学卒業後四国で魚類調査を行い、地元に戻ってから矢作川でウナギ釣りにハマる。
ひとり夜釣りでウナギを狙う様子を話すお顔は、夏休みに蝉取りをしている少年そのものです。


ひとり夜釣りで大物狙い


夜釣りのメインは「ウナギ」。
シーズンは5月~9月、10月頃までですね。

日が暮れる時間から時には朝まで、矢作川の中流域から上流で大物狙って川に入っています。
僕はもっぱら越戸ダムより上流が多いかな。
矢作川で夜釣りしている人はけっこういるんですよ。
土用の丑の近くになると“にわかウナギ釣り師”も増えますよ(笑)

釣りは子供のころから親父に連れて行かれてやっていました。
初めての釣りは小学校4年生くらいだったかな。
親父の仕事柄、家族旅行はありませんでしたが「釣り旅行」といって釣りに行きましたね。

小学校5年生くらいの時には初めて鮎釣りをしました。
引きが面白くて、親父の釣り仲間の人たちにもお世話になりました。

その後中学、高校と部活に一生懸命になって川からは少し離れていました。


矢作川ではないですけど、再び川に戻ったのは、大人になって25歳の時に仕事で、ですね。

四国の高知県で魚を調査する会社に入り、最初の仕事がサンプリングとしての鮎の友釣りでした。

仕事として釣りの腕を上げる必要があったので、平日は仕事で真剣に鮎釣りを、休日は遊びで真剣に鮎釣りをしていましたね(笑)
高知県での5年間でかなり鮎釣りの腕が上がりました。

ウナギ釣りは30歳で豊田に戻ってきたときにはまりました。
実は高知に行く前、矢作川で鮎釣りをしていて夕方になると、うなぎがおとりの鮎を狙って取りに来るんです。
当時は鮎仕掛けなので、ウナギは釣り上げることも出来ません。

そんな悔しい思いをしていたので、鮎を餌につけて糸を垂らしてみたらいきなり80㎝越えの大物が釣れたんです。
それからウナギ釣りのとりこです。

鮎釣りは、釣り師同士が仲良くて、気軽に釣り場でも話しをしたりしますが、ウナギ釣り師はそれぞれ個人で穴場を抑えていて、人には釣れる場所を言いませんね(笑)。

僕は大物狙いなので、人がいるところには行きません。
対岸が崖で、船を出して行かないと釣れないような場所にも行きます。

ウナギ釣りで大物は80㎝越えで、シーズン中に1回釣れればOKな釣りです。
100㎝越えはメーターオーバーと言って、過去最大は102㎝、僕の手首くらいの太さのうなぎを釣ったことがありますよ。


ダムがあっても鮎のいる矢作川を守る


本流に7つもダムがあって都市部も通っているのに、海と川を行き来する鮎がまだこれだけいる矢作川はスゴイです。
ただ、30歳で豊田に戻ってきて18年、毎年、この川が悪くなっていっているのは感じています。

2000年の東海豪雨で大量に水が流れた後は、実は川の状態が少し良くなったんです。
ダムは人の快適な生活に必要ですが、そのダムの影響で川ではいわゆる洪水の状態がおこらなくなっていることは、川にとっては良いことではないんです。

漁協としても川の状態を少しでも改善するために、ダムの調整によって被害が出ない人工的な洪水の状態をおこしてもらうよう県などへ呼びかけを行っています。

近年、矢作川に天然鮎が戻ってきています。
これも、田んぼの用水路に入った鮎を川に戻し、数が少ない年には近隣の木曽三川(木曽三川、長良川、揖斐川)の関係各所と協力しあって提供しあうことを行ってきた結果だと思います。

大きなウナギもいる、天然の鮎もいる、その他に多種多様な生物がすむこの矢作川を、僕たち豊田市民はもっと誇りに思ってほしいですし、大切にしてほしいと思っています。
だからこそ、もっと矢作川で遊んでほしい!というのが僕の思いですね。