知る

あなたも漁協の組合員になりませんか?


天然アユ放流事業の様子

川の漁業協同組合は本来、下記のような役割を担っています。つまり、魚を捕る権利(漁業権)を持っているだけでなく、子どもや孫の世代のために河川環境を守っていく役割や、川の素晴らしさを市民に伝えていく役割もあります。

このように、川の将来のためには無くてはならない漁業協同組合ですが、組合員の高齢化や若い世代の川離れによって、このままでは組合員の減少が避けられません。将来にわたって矢作川を守っていくために、組合員になりたい人を大募集しています。

以下の内容はホームページ上で分かりやすく説明したものであり、実際の定款や加入要綱は細かく定められています。

組合員にならなくても・・・

アユ、アマゴを釣るには遊漁証の購入が必要ですが、それ以外の魚については矢作川では遊漁証が不要(無料)です。矢作川で多くの人に楽しんでもらいたいからです。

組合員になると・・・

  • アユ、アマゴを釣る時にも遊漁証は必要ありません(組合員証でOK)。
  • 毎年度、賦課金を納入していただきます。
  • 河川清掃や草刈り(年3回)に参加して頂きます。
  • 漁協で作ったアユ商品を割引購入できる時期があります♪
  • 矢作川を愛する気持ちが高まります♪
  • 「矢作川は私の川!」と(勝手に)思えます♪

組合員になるには・・・

多くの人が組合員になれるように仕組みの改善を検討中ですが、現状では以下のようになっています。

  • 前年にアユ釣りの年券を購入した人のみが対象です。
  • 基本的に豊田市内の矢作川流域に住んでいる人が対象です。
  • 新しい証券は発行しておりません。証券を譲りたい人(高齢で組合員をやめる人など)から購入することになります。
  • 証券は個人売買ですので、価格については何とも言えません。まずは組合事務所へ電話(0565-45-1064)して、組合員になりたい旨と、住所・氏名・年齢・職業・電話番号(なるべく携帯)を伝えてください。組合証券を譲りたい人を探したうえで、折り返しお電話させていただくことになります。
  • 加入申込書は各支部において受付け、理事会にて決定します。審査もあります。
  • 加入に伴う事務処理に必要な手数料等を徴収させていただきます。