お知らせ

5月以降の雨量が少なく、梅雨に入っても源流域では降らず、矢作ダムの貯水量が50%を切っています(24日現在48.5%)。ついに昨日25日から第1回節水対策が実施されることになりました。平成26年8月に7日間の節水を実施して以来、3年ぶりのことです。

節水率は以下のとおりです。
・上水道 10%
・農業用水 20%
・工業用水 30%

矢作ダムから流す水を節水するわけですから、少なからず川の流れも弱まります。さらに矢作ダムの貯水率が極端に低下すると、湖底に堆積した泥を削りながら水が流れることになり、「渇水濁水」という最悪の現象が起こります。みなさん、あらためて水を大切に使うよう心がけましょう。



春の遡上魚を捕獲し、育成した、
天然育成アユ(1尾=約20g)の放流状況です。

7/11 平戸橋地区 約260㎏
7/12 川口地区 約260㎏
7/25予定 広瀬地区 約260㎏
7/26予定 豊田地区 約260㎏

小渡地区と豊南地区はまだ放流日が決まっていません。
来週または再来週ごろの予定です。


中流・下流のオトリ店の営業時間をお知らせします。

・広 瀬(広瀬やな上流) 7:00〜12:00
・平戸橋(古鼠水辺公園) 6:00〜13:00
・豊 田(久澄橋下) 7:00〜12:00

各オトリ店とも、釣り人が増えてきたら営業時間も延長するとのことです。


解禁日の小渡地区の様子です

解禁のお祭りも一段落。今日から落ち着いて釣りができると思います。
しばらくは上流域がおススメです。

釣果情報は、釣り師ブログのコーナーを参考にしてください。
名手から中級レベルの人まで、シーズンを通して釣行情報を書き込んでくださるので、とても参考になります。

もちろん、名人クラスの人が書き込んだ釣果情報をみて、翌日その場所に行かない方がいいですよ。